お金がないときに1度だけ使える裏ワザを使う!

auの携帯料金が払えない!滞納していると強制解約や利用停止になるの?

au 携帯料金 払えない

「auの携帯料金の支払いを忘れてしまった!」
「auの携帯代を滞納してしまっている。。。」

auの携帯料金は毎月支払いを行わないといけません。携帯代って意外と家計的にきついですよね。

しかし、auの携帯料金を支払えないからと言って滞納していると利用停止になってしまします。しかも1回目の支払いを滞納してから2~3週間でです。スマホが利用停止になるとかなり不便な生活になってしまいます。

また、利用停止になってからも支払いを滞納し続けると、多くのリスクが伴います。

今回はauの料金を滞納し続けるとどのような事が起きるのかと、支払えない場合の対処法について説明します。

この記事をまとめると
  • auの携帯料金を滞納してから2~3週間で利用停止に
  • 同じ名義の人はまとめて利用停止や強制解約になる
  • 他の携帯会社やクレジットカードが使えなくなる
  • 最終的には差し押さえの可能性も

auの携帯料金が支払えないから滞納しているとどうなる?

auの携帯料金を滞納してしまうとどうなるのでしょうか?支払えずに未払いのまま放置した場合に起きることを紹介していきます。

利用停止になる

auの携帯料金を滞納していると利用停止になってしまいます。

一度目の支払いを滞納すると2~3週間後に振替日が設定されます。ここの振替日でも支払いを行わずに滞納した場合に利用停止になります。

利用停止になると、スマホでネットに繋げなくなります。LineもSafariもtwitterも全部使えなくなります。

家族が利用停止になる可能性も

自分のauのスマホが利用停止になったあとも放置していると、同じ名義で登録しているスマホも利用停止になる可能性があります。

つまり、自分の家族のスマホも利用停止になってしまいます。家族などの周りの人に迷惑を掛けるのはやめましょう。

他の会社の携帯も契約できなくなる

auの携帯料金を払えないからと言って滞納し続けていると、docomoやsoftbankなどの他社の携帯会社とも契約できなくなります。

また、キャリアだけではなく格安simも使えなくなってしまいます。そうなると生活でスマホでネットと通信できなくなってしまいます。

将来の生活が相当不便になってしまいます。

クレジットカードやローンが通らなくなる

携帯会社の支払いは信用情報の登録を行っています。そのため、auの支払いを払えないからと言って滞納をし続けていると、クレジットカードやローンの審査が通らなくなる可能性があります。

auの携帯代を支払わないだけで、住宅ローンなどが組めなくなってしまいます。携帯料金を払わないだけで人生の大きな買い物が出来なくなってしまうのはもったいないです。

訴訟をされて差し押さえされる

auの携帯料金の支払いを放置し続けると、最終的には少額訴訟を起こされて銀行口座の差し押さえが行われる可能性があります。

料金の滞納を続けていると、弁護士から訴訟を起こすという内容の手紙が送られてきます。そこでも支払いを無視し続けると少額訴訟を起こされて実際に差し押さえが行われます。

銀行口座の差し押さえが行われた場合には給料の差し押さえも行われます。給料の支払いを行っている銀行口座の差し押さえが行われた場合には、会社に訴訟を起こされていることがばれる可能性が高いです。

そうなってしまった場合には、会社をクビにされる可能性もあります。たかだかauの携帯料金を支払わなかったくらいで仕事を失うのは非常にもったいないです。すぐに未払い分の支払いを行うようにしましょう。

auの携帯料金の支払いを忘れていて滞納してしまった場合

auの携帯料金をうっかり忘れてしまったり、銀行口座にお金を振り込むのを忘れてしまったなどの理由で、支払いを滞納してしまう場合もあると思います。

この場合にやるべきことについて紹介します。

サポートセンターに電話する

まずは、auの携帯料金のサポートセンターに電話しましょう。

auのスマホからの電話 それ以外のでんわ
157 0077-7-111

支払い用紙を無くしてしまったりして、どのように支払えばいいかわからない場合は電話しましょう。

ネットでの支払いを行う

支払い用紙での支払いが今すぐにできなかったり、支払い方がわからない人はネットでの支払いがおすすめです。

auの携帯料金の支払いをネットで行い人はこちらからできます。

ネットでの支払いを行うためには「au ID」でのログインが必要です。

auの携帯料金が支払えないで強制解約される前の対処法

auの携帯料金の支払いを未払いのまま滞納し続けると利用停止や強制解約されてしまいます。

その前に、お金を払わないといけないけれども手元にお金がない場合の対処法を紹介します。

物を売ってお金を用意する

読み終わった漫画やゲームなど意外と高く売れるものはたくさんあります。また、貰い物の骨董品なども高く売れることが多いです。

一度身の回りに売れるものがないかどうかを確認してみることが大事です。

ものを売ることのデメリットはすぐにお金を用意できないことです。

親や友人にお金を借りる

お金を用意する方法の1つに、親や知人にお金を借りることがあります。この方法のメリットはすぐにお金を用意できる可能性が高いことです。

しかし、金の切れ目は縁の切れ目といいます。トラブルになる可能性が高いので気をつけましょう。

クレジットカードで支払う

クレジットカードでの支払いを行い分割で支払いを行うことで、少しずつお金を払うことも可能です。

しかし、クレジットカード代の支払いを滞納し続けるとクレジットカードが止められてしまう可能性もあるので気をつけましょう。

au携帯料金を未払いのまま滞納しておくと差し押さえされる可能性も!

auの携帯料金の支払いを滞納し続けると最終的には銀行口座の差し押さえが行われてしまいます。そうなると、給与の振り込みができずに会社にばれる可能性もあります。

そうなると、会社をクビになる可能性もあります。

auの携帯料金が払えないだけで、人生が不利になるような事が多く起きます。本当にもったいないのでいますぐ支払いを行ってしまうことをおすすめします。