お金がないときに1度だけ使える裏ワザを使う!

敷金礼金などの初期費用は分割払いできる?引越し費用が払えない場合の対処法

「敷金礼金が高すぎて払えない!」
「分割払いやクレジットカード払いはできないの?」

引っ越しをする際には、引っ越し代の他に新しく入居する物件の

  • 敷金・礼金
  • 仲介手数料
  • その他手数料(鍵交換費用・火災保険費・ハウスクリーニング代)
などの初期費用がかかってしまいます。

平均相場としては、敷金礼金、仲介手数料がそれぞれ家賃の1ヶ月分、その他手数料をすべて合わせて家賃1ヶ月分ほどなので、合計4ヶ月分程度が相場です。

この記事では

  • 初期費用は分割支払いができるのか?
  • 初期費用が支払えない場合の対処法
  • 引越し費用を安くするコツ

について解説していきます。

敷金礼金などの初期費用は分割できるのか?

結論から言うと、不動産会社によります。

もともとは初期費用は分割できないのが一般的でしたが、現在では利用者のニーズも高まっており、分割払いに対応している不動産会社が増えてきています。

また、クレジットカードが利用できる不動産会社も多くなっているため、クレジットカードの分割払いを使って分割することも可能です。

管理会社や利用する予定の不動産会社に電話やメールで連絡してみることをおすすめします。

もし、分割が利用できなかったり、お金の用意が難しそうな場合はカードローンを利用することを検討しておきましょう。

カードローンは即日借りられ、初回利用30日以内なら利息0円で使うことができます。

月々の返済は少ないと1万円台から可能なので、とても利用しやすいです。

敷金礼金などの初期費用が払えない場合の対処法

敷金礼金などの初期費用が払えない場合の対処法について解説していきます。

  1. 敷金・礼金が0円の物件を探す
  2. クレジットカードを利用できる会社を選ぶ
  3. カードローンでお金を用意する

おすすめは1番の敷金礼金が0円になる物件を探すことです。

敷金・礼金が0円の物件を探す

1番簡単なのは、敷金礼金がかからない物件を探してしまうことです。

そのような物件は仲介手数料などもかからないことがあるため、初期費用なしで入居することが可能です。

そのかわりといってはなんですが、家賃は高めに設定してあることが多いです。

そのため、長い期間滞在することが分かっている場合は避けたほうが良いでしょう。

逆に短期的な利用が確定している場合(~1年間)は初期費用を払わなくて良い分、かなり安く利用することができます。

近頃はそのようなサービスも増えているので、ぜひ利用してみましょう。

クレジットカードを利用できる会社を選ぶ

次におすすめなのはクレジットカードを利用できる管理会社を選ぶことです。

先述したように、クレジットカードさえ利用できれば分割払いをすることができます。

また、月々の支払いが厳しい場合は、あまりおすすめはしませんがリボ払いにするという手もあります。

クレジットカードが利用できるかどうかは管理会社に問い合わせるか、もしくは不動産サイトのホームページを見ましょう。

さらに、クレジットカードを利用した場合はポイントが貯まります。

敷金や礼金をすべて支払うことになると、還元率1%だとしてもかなりのポイントが貯まることが予想されます。

クレジットカード払いはかなりおすすめですね。

どうしても払えない場合は物件を見直してみることがおすすめ

「どうしてもお金の見通しがたたない」
「借りたとしてもお金が足りない」

そのような人は、本当に自分の収入に見合った物件がどうかを見直してみましょう。

一時的にお金がないだけであればカードローンなどを利用して返済していけば良いだけですが、そうでない場合はどちらにせよ生活がきつくなってしまう可能性が高くなります。

本当に自分に見合っているかどうかをしっかり見直して、それでも足りない場合は検討してみましょう。