お金がないときに1度だけ使える裏ワザを使う!

ドコモの携帯料金が払えない!滞納していると利用停止や強制解約に!

ドコモ 携帯料金 払えない

「ドコモの携帯料金の支払いを忘れていた。。。」
「ドコモの携帯代が払えずに滞納してしまった。。。」

携帯料金は毎月支払いが必要で何かと家計を圧迫してきます。そして、少しくらい携帯料金を滞納しても大丈夫だろうと軽視しがちです。

しかし、ドコモの携帯料金の支払いを滞納しているとすぐにスマホは利用停止になり、強制解約もさせられてしまいます。その他にも色々と、ドコモの携帯料金を支払わないだけで不便な生活が待っています。

今回はドコモの携帯料金が支払えないとどうなるのかと、今すぐドコモの携帯代を支払うための対処法について説明します。

この記事のまとめ
  • ドコモの携帯料金は支払日から20~30日滞納すると利用停止に
  • 強制解約は支払日から60日程度でなる
  • 強制解約されると、他の携帯会社との契約やクレジットカードの作成ができなくなる
  • 最終的には、銀行口座の差し押さえが行われることも

ドコモの携帯料金が払えないとどうなる?

ドコモの携帯料金の支払いを行わずに滞納したまま放置していると以下のようになります。

  • スマホが利用停止になる
  • 同じ名義のスマホも利用停止になる
  • ドコモから強制解約される
  • クレジットカードやローンなどが組めなくなる
  • 銀行口座の差し押さえが行われる

それぞれについて説明してきます。

スマホが利用停止になる

ドコモの携帯代を未払いのまま放置していると利用停止になります。スマホが利用停止になると、ネット回線につなぐ機能が全て使えなくなります。

wifiがあれば、LineやSafariなどは使えますが、電話をかけたり受け取ったりすることは出来ません。

電話がスマホからできなくなるので仕事などにかなり支障が出てしまいます。

また、利用停止のスマホに電話を掛けると「おかけになった電話はお客様のご都合により通話が出来なくなっております。」とアナウンスされます。そうなると友人や知り合いにスマホが利用停止になっていることがバレてしまいます。

同じ名義で登録しているスマホも利用停止になる

自分のスマホが利用停止になってからも携帯料金の滞納を続けていると、同じ名義で登録しているスマホも利用停止になってしまいます。

つまり、家族のスマホを自分の名義でドコモと契約している場合には全員のスマホが利用停止になってしまいます。

子供のスマホが利用停止になると電話が繋がらなくなってしまうので子供の安否確認をスマホでは出来なくなってしまいます。

ドコモを強制解約させられる

ドコモのスマホが利用停止になってからも支払いをせずに携帯料金の未払いを放置していると、ドコモから強制解約させられます。

ドコモから強制解約をさせられると、今後ドコモでの機種変更や契約は一切出来なくなってしまいます。

また、ドコモだけではなくauやソフトバンクでも契約ができなくなる可能性もあります。

クレジットカードの契約やローンを組むことができなくなる

ドコモでの契約ではスマホの機種代を分割で支払っている場合には、携帯代を滞納していると信用情報に傷がつきます。

そうなると今後クレジットカードの契約、住宅ローンや車のローンが組めなくなってしまいます。

銀行口座の差し押さえが行われる

ドコモの携帯料金が払えないからと言って、滞納し続けていると最終的には少額訴訟が行われます。そうなると、銀行口座の差し押さえが行われる可能性もあります。

会社からの給料の支払いの銀行口座を差し押さえされると、会社側に差し押さえをされていることがバレてしまい、クビになる可能性もあります。

差し押さえなんかされないだろうと思わずに早く携帯料金の滞納分を支払うことをおすすめします。

ドコモの携帯料金が払えない時の利用停止や強制解約までの流れ

ドコモの携帯料金を支払えない場合の利用停止や強制解約になるまでの流れについて説明します。

最初は振替日が設定される

ドコモの携帯料金の最初は支払えずに滞納していても、振替日を設定してくれます。

振替日は大体2週間後に設定されます。振替日に支払えば問題ありません。

振替日に支払わないと催促状が来る

振替日での引き落としでも支払いを行わないと催促状が送られてきます。

催促状が来た時の支払い方法は自動引落ではなく、クレジットカードやコンビニ支払いで行います。

利用停止になる

催促状が届いてから3~5日程度で支払いを行わないとスマホが利用停止になります。

利用停止になった瞬間からスマホのネット接続や電話ができなくなります。

強制解約になる

スマホの利用停止になってからも携帯料金の支払いを行わずに放置していると、強制解約になります。

利用停止になってから1ヶ月程度でドコモを強制解約させられます。ここまで来ると、信用情報に傷が付きます。

少しでも携帯料金を支払うことでこの段階での強制解約を防ぐことが出来ます。しかし、滞納分の支払いを全額しないとスマホの利用停止は解除されません。

ドコモの携帯料金が払えない場合の対処法

ドコモの携帯料金が支払えない場合の対処法について説明します。

物を売ってお金を用意する

読み終わった漫画やゲームなど意外と高く売れるものはたくさんあります。また、貰い物の骨董品なども高く売れることが多いです。

一度身の回りに売れるものがないかどうかを確認してみることが大事です。

ものを売ることのデメリットはすぐにお金を用意できないことです。

親や友人にお金を借りる

お金を用意する方法の1つに、親や知人にお金を借りることがあります。この方法のメリットはすぐにお金を用意できる可能性が高いことです。

しかし、金の切れ目は縁の切れ目といいます。トラブルになる可能性が高いので気をつけましょう。

クレジットカードで支払う

クレジットカードでの支払いを行い分割で支払いを行うことで、少しずつお金を払うことも可能です。

しかし、クレジットカード代の支払いを滞納し続けるとクレジットカードが止められてしまう可能性もあるので気をつけましょう。

ドコモの携帯料金を支払えないからと言って滞納していると危険!

ドコモの携帯料金を未払いのまま放置していると以下のようなことになります。

  • スマホが利用停止になる
  • 同じ名義のスマホも利用停止になる
  • ドコモから強制解約される
  • クレジットカードやローンなどが組めなくなる
  • 銀行口座の差し押さえが行われる

ドコモの携帯料金の支払い2~3ヶ月分を滞納するだけでこうなってしまいます。多くても5万円の支払いを滞納するだけで将来の生活が制限されます。

そうなる前にカードローンを使って支払いを行うのがおすすめです。