お金がないときに1度だけ使える裏ワザを使う!

携帯料金が払えないとどうなる?いつ止まるかや相談先、分割できるかを解説!

携帯料金 分割

「携帯の料金が払えない。。。」
「今月厳しいから携帯代を分割で支払いたい!」

毎月の支払いが家計を圧迫してくる携帯料金。今月の携帯料金の支払いが厳しくて払えないから困っている方も多いと思います。

しかし携帯料金の支払いができないからと言って、携帯料金の支払いを滞納していると利用停止になるだけではなく、強制解約や差し押さえなどをされる可能性があります。

今回は携帯料金がどうしても払えない時の対処法についても説明してきます。

この記事のまとめ
  • 携帯料金が払えないと最終的には訴訟される可能性あり
  • 強制解約をされたあとは分割払いも可能
  • 強制解約されると、クレジットカードの契約やローンが組めなくなる可能性あり

携帯料金が払えないときに起こるリスク

携帯料金が払えないときに起こるリスクについて説明していきます。

スマホが利用停止に

携帯料金が払えないからと言って滞納を続けていると、利用停止になります。

一度目の支払いを滞納すると大体2週間後に振替日が設定されます。ここの振替日でも支払いを行わずに滞納した場合に利用停止になります。

利用停止になるとネットに繋げなくなるのでかなり不便な生活になります。

家族が利用停止になることもある

携帯が利用停止になったあとも携帯料金を払えないで放置していると、同じ名義の携帯が止められる可能性もあります。

自分の家族のスマホも使えなくなってしまいます。

キャリアを強制解約させられる

携帯が利用停止になったあとも滞納料金を払えないまま放置し続けると強制解約させられます。強制解約されると、信用情報に傷がつきます。

キャリアの間では信用情報などは共有されています。そのため、一つのキャリアで強制解約されてしまうと他のキャリアでも今後契約できなくなる可能性もあります。

今後一生スマホがネットに繋げなくなるのは相当不便な生活になってしまいますね。

強制解約をされたあとからは分割での支払いが可能になります。分割払いに切り替わってからはなるべく早く携帯料金の返済をすれば、今後の他のキャリアでの携帯の契約できる可能性もあります。

強制解約されてしまったから、携帯料金の支払いをしなくていいやと投げやりにならずに今すぐ分割料金を払うようにしましょう。

クレジットカードの契約やローンが通らなくなる

今後クレジットカードの契約が出来なくなったり、住宅ローンや車のローンが組めなくなる可能性もあります。

これは、携帯の信用情報がクレジットカードやローンを組むときに参照されるからです。

携帯料金を払えないだけで、将来の生活もかなり制限されます。そうなる前に支払いを行うのがおすすめです。

弁護士から少額訴訟をされて銀行口座が差し押さえされる

携帯料金の滞納を続けていると最終的には弁護士から少額訴訟を起こされて、銀行口座の差し押さえをされる可能性もあります。

給料の支払いが行われる銀行口座の差し押さえが行われると、会社は給料の支払いができなくなります。そこから銀行口座の差し押さえをされていることが会社にバレてしまいます。

そうなると最悪の場合は会社をクビになる可能性もあります。

携帯料金を払えないで滞納し続けているだけで、ここまで人生を制限されてしまいます。これらを解決する方法は払えていない携帯料金を払うことしかありません。どうしても払えない場合は、カードローンを使って一括で携帯料金を支払ってしまうのがおすすめです。

携帯料金は払えない場合も基本的には分割払いができない

au、docomo、ソフトバンクの全てのキャリアで携帯料金の通常の支払いにおいては分割払いはできません。

しかし基本的には分割払いは出来ないのですが、強制解約されたあとには分割払いができるようになります。キャリア側としてはお金は回収しないといけないので強制解約後に残っている携帯代に関しては分割払いを可能にしているようです。

強制解約後の分割払いの仕方

携帯を強制解約させられたあとに自動的に携帯料金が分割払いになるわけではありません。

携帯料金の滞納分を分割払いに変更したい場合には、各キャリアのサポートセンターに電話しましょう。携帯料金の滞納分の支払いが厳しいので分割払いに変更したいことを伝えましょう。

キャリア 営業時間 お問合せ先
au 10:00~19:00 電話サポート
docomo 9:00~20:00 電話サポート
ソフトバンク 10:00~19:00 チャットサポート

クレジットカードでの支払いにすれば分割も可能

携帯料金の月々の支払いをクレジットカードにすることによって、分割払いにすることも可能です。

携帯料金の毎月の支払いはau、docomo、ソフトバンクの全てでクレジットカードが可能です。

携帯料金の支払いを分割払いにしたい場合はクレジットカードでの支払いにしましょう。

しかし、クレジットカード代の支払いを滞納し続けるとクレジットカードが止められてしまう可能性もあるので気をつけましょう。

携帯料金が払えない場合の対処法

携帯料金の分割ができないからと言って未払いのまま放置しておくとローンが組めなくなったり、銀行口座の差し押さえが行われる可能性もあります。

そうなってしまう前に今すぐ携帯料金の支払いを行うための方法について紹介します。

キャリアに早めに相談する

携帯料金がどうしても払えない場合には、自分のスマホのキャリアに早めに相談してみましょう。携帯料金が払えない分全額免除などはありませんが、利用停止の期限が延びる可能性もあります。

携帯料金が払えないということを伝え、いつまでに支払いが行えるのかを相談するようにしましょう。

キャリア 営業時間 お問合せ先
au 10:00~19:00 電話サポート
docomo 9:00~20:00 電話サポート
ソフトバンク 10:00~19:00 チャットサポート

支払期限を伸ばしてもらっても支払いが行えなければ意味がありません。短期間でお金を用意する方法について紹介していきます。

物を売ってお金を用意する

読み終わった漫画やゲームなど意外と高く売れるものはたくさんあります。また、貰い物の骨董品なども高く売れることが多いです。

一度身の回りに売れるものがないかどうかを確認してみることが大事です。

ものを売ることのデメリットはすぐにお金を用意できないことです。

親や友人にお金を借りる

お金を用意する方法の1つに、親や知人にお金を借りることがあります。この方法のメリットはすぐにお金を用意できる可能性が高いことです。

しかし、金の切れ目は縁の切れ目といいます。トラブルになる可能性が高いので気をつけましょう。

カードローンを使う

キャリアに相談しても、携帯料金が払えないといつかは利用停止や強制解約になります。

また、いつまでも滞納し続けているといつかは法的処置を取られる可能性が高いです。その場合はカードローンを使って早めに一括で支払いましょう。

カードローンのおすすめはプロミスです。プロミスでは30日間利息無料でお金を借りられるので、給料日に返済すれば実質利息なしでお金を借りることができます。

即日融資 金利 審査時間
可能 4.5%~17.8% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短1時間

\ 30日以内に返せば利息0円!! /
プロミスで今すぐ借りる!

携帯料金が払えないと強制解約も!早めに相談しよう!

携帯料金が払えないと利用停止や強制解約になる可能性もあります。更に信用情報に傷がついてローンが組めなくなったり、最悪の場合だと弁護士に訴訟され差し押さえもありえます。

そうなる前に、早めにキャリアに相談し支払期限を伸ばしてもらいつつ、必ず支払いを行うようにしましょう。

どうしてもお金が用意できない場合はカードローンに頼りましょう。ローンが組めなくなったり差し押さえで人生に棒を振る前に携帯料金の支払いを行いましょう。

プロミスで今すぐ借りる!

お金のトラブルは早めに解決しておこう!

お金のトラブルや悩みは、放置していると裁判や警察などかなり大きな問題になる可能性が高いです。

そのため、早めにトラブルを解決することを強くおすすめします。

即日融資 金利 審査時間
可能 4.5%~17.8% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短1時間

おすすめは、プロミスのカードローンです。

10万円を借りた場合に返済を半年忘れていても、利息はわずか4000円ほどです。つまり、1ヶ月あたり800円のお金を追加で払うだけでお金を借りることが可能です。

指定口座を登録していれば(24時間)最短10秒でお振込可能!近くの三井住友銀行やジャパンネット銀行などで借り入れや返済が可能です。

\ 30日以内に返せば利息0円!! /
プロミスで今すぐ借りる!