お金がないときに1度だけ使える裏ワザを使う!

NP後払いを滞納していると裁判になる?払えない場合のすぐできる対処法

NP 後払い 滞納 払えない

NP後払いはネットで購入した商品が届いた後にコンビニや郵便局、銀行で支払いを行うことができます。今すぐお金がないけど、商品はすぐに欲しい時にとても便利なサービスです。しかし、後払いならではの問題点も多くあります。

「NP後払いの支払い期限が来たけどお金ないよ。。。」
「NP後払いを1ヶ月近く滞納してる。。。」

こんな悩みを持っている人も多いと思います。しかし、NP後払いがとても気軽にできるからって、NP後払いの滞納している代金を放置していると大変なことになります。具体的には以下のようになります。

  • NP後払いが一生使用できなくなる
  • 他のサイトでも後払いができなくなる
  • 裁判を起こされる

NP後払い程度少しくらい滞納していても大丈夫かと思っているのは危険です。もし、今すぐにお金がなくても適切に行動を行えば裁判をすぐに起こされることはありません。NP後払いが払えないからと言って放置するのだけは絶対にやめましょう。

NP後払いを滞納してから裁判までの流れ

NP後払いの支払い期限は請求書が発行されてから14日以内です。NP後払いの支払いができるのは以下のようになっています。

  • コンビニ(セブンイレブン/ローソン/ファミリーマート/デイリーヤマザキ/コミュニティ・ストア/セイコーマート/ポプラ/ミニストップ)
  • 郵便局
  • 銀行
  • LINE Pay

参考: NP後払い

NP後払いで商品購入後から支払い期限まで

商品が届いた次の日に請求書が発行されます。請求書が発行されてからのNP後払いの流れは以下のようになります。

  • 請求書が発行される(0日目)
  • 請求書が届く(7日目)
  • 支払い期限のリマインドメールが届く(10日目)
  • NP後払いの支払い期限(14日目)

参考: NP後払い

注意点としては、請求書が発行されてから14日後に支払い期限が訪れると言う点です。実際に請求書が届くまでには長くて7日程度かかります。その場合も、請求書が届いてからではなく、発行されてから14日後に支払い期限が来ることを覚えておいてください。

NP後払いの滞納が始まってからの流れ

NP後払いでの滞納を長期間続けていると弁護士事務所から連絡が来るようになります。そして、最終的には法的措置が取られます。

請求が長期間に渡りますと、弁護士事務所などの債権回収機関に債権の回収を委託します。
債権回収機関より連絡を差し上げ、状況によっては法的措置がとられる場合があります。
以下をご確認のうえ、至急のお支払いをお願いいたします。

参考: NP後払い

だいたい、2ヶ月から6ヶ月NP後払いの支払いを滞納していると弁護士からの連絡が来るようです。

NP後払いの滞納をし続けると、催促メールやハガキで4回程度送られてきた後に法的処置に移ります。最後の催促は最終警告として、赤い封筒に入ってきます。

どんなに遅くても最終警告で支払うようにして、法的処置だけは起こされないようにしましょう。

NP後払いを滞納し続けることによるデメリット

NP後払いを滞納し続けていることには以下のようなデメリットがあります。

  • 今後NP後払いが今後一切利用できなくなる
  • 他の会社の後払いサービスも使えなくなる
  • 訴訟を起こされ差し押さえされる

NP後払いが今後一切利用できなくなる

NP後払いを滞納し続けていると今後一切NP後払いが使用できなくなります。これは当たり前ですね。

NP後払いは今後確実に多くの場所で使えるようになるサービスです。今後もっと便利になっていくのに、その時に使えないのはもったいないです。NP後払いからの信用がなくなる前に滞納料金を返済するようにしましょう。

他の会社の後払いが利用できなくなる

NP後払いの与信情報は他の後払いサービスと共有される可能性があります。与信情報にNP後払いの滞納や延滞状況が記載された場合はネットでの他の後払いサービスも使えなくなる可能性が高いです。

今後便利な後払いサービスは確実に増えていくのに使えないと不便です。すぐにNP後払いの支払いを行うべきです。

訴訟を起こされて差し押さえになる場合も

NP後払いを延滞し続けると、最終的には弁護士から連絡が来るようになって法的処置を取られる場合があります。その場合は、銀行口座の差し押さえなどが行われる可能性もあります。

今後の社会的な信用に関わってくるので気をつけましょう。

NP後払いを滞納し続けてもローンやクレジットには関係ない

NP後払いを滞納し続けると与信情報に未納を続けていることが記載されます。与信情報に傷がつくとローンが組めなくなったり、クレジットカードが発行できなくなるのでは?と言う疑問も多いと思います。

結論から言うとローンやクレジットカードの与信情報とNP後払いの与信情報が関係ありません。そのため、NP後払いの滞納をどんなに続けてもローンが組めなくなったり、クレジットカードの発行ができなくなることはありません。

しかし、後払いサービスは全般的に使えなくなる可能性が高いので早めに支払いましょう。

NP後払いの滞納料金を支払えない場合の対処法

NP後払いを滞納し続けると今後一切NP後払いを使うことができなくなったり、差し押さえされてしまいます。その前にできる対策を紹介します。

ネットプロテクションズに連絡する

NP後払いの支払いで困ったら、NP後払いの運営会社であるネットプロテクションズに連絡するようにしましょう。なかなかお金がなくて支払いができなくても連絡をして支払日を伝えておくだけで法的処置を行われる可能性は低くなります。

NP後払いの支払いがきつくても無視せずに連絡するようにしましょう。

お問い合わせ先 > NP後払い お問い合わせページ

友人にお金を借りる

NP後払いは最大でも5万4000円までしか滞納することができません。友達や親に借りてすぐに給料日に返すのも方法の1つです。

デメリットとしては、お金の貸し借りは揉め事になりやすいことと、友達にNP後払いの滞納していることバレるということです。

カードローンですぐ支払う

運営会社に連絡を行なっても、最終的にはNP後払いの滞納していた料金の支払いは必要です。

ネットプロテクションズに相談して決めた支払い期限に滞納料金を支払うことができないと、法的処置を取られる可能性が高くなります。今後も一切NP後払いの使用ができなくなります。

今すぐに支払えば問題なく今後もNP後払いを使うことができます。一括で支払う場合のおすすめがカードローンです。

カードローンのおすすめはキャッシングのフタバです。フタバでは30日間利息無料でお金を借りられるので、給料日に返済すれば実質利息なしでお金を借りることができます。

今後の人生を考えるなら、カードローンでNP後払いの滞納分を一括返済するのがおすすめです。

フタバの公式サイトを見る

NP後払いの滞納はすぐに返済すべき!

NP後払いなどの、ネットでの後払いサービスは今後確実に普及し、使い所は増えていきます。その時に後払いできないのはかなり不便で生きづらくなります。また、法的処置を取られる恐怖とも戦い続けないといけません。

今NP後払いの滞納をしている場合は、今後のためにも今すぐに一括返済するようにしましょう。

フタバの公式サイトを見る

お金のトラブルは早めに解決しておこう!

お金のトラブルや悩みは、放置していると裁判や警察などかなり大きな問題になる可能性が高いです。

そのため、早めにトラブルを解決することを強くおすすめします。

即日融資 金利 審査時間
可能 3.0%~18.0% 最短30分
Web完結 無利子期間 融資時間
あり 初めてなら最大30日 最短1分で振り込み

おすすめは、キャッシングフタバです。

中小消費者金融ならではの審査で、アコムやプロミスなどの大手消費者金融に落ちた人でも利用できる可能性があることが特徴です。

またキャッシングフタバでは、ヤクザや強引な取り立てなどは一切ありません。

もしそのような行為があると「ヤミ金」だと判断され、貸金業を営むことができなくなるため、企業はそのような行為を絶対に行わないようにしています。

利息も最高年率18%と高く感じるかもしれませんが、10万円を借りた場合でも半年で返せば利息はわずか4000円ほどです。

つまり、1ヶ月あたり800円のお金を追加で払うだけでお金を借りることが可能です。

カードローンを計画的に利用して、生活を立て直しましょう!

\ 30日以内に返せば利息0円!! / フタバで今すぐ借りる!