お金がないときに1度だけ使える裏ワザを使う!

Paidyが払えないから滞納しているとやばい!分割払いはできるの?

「Paidyで支払いを行いすぎて料金を支払えなくなってしまった。。。」
「Paidyの支払期限に気づかず滞納してしまった。。。」

Paidyはオンラインでの翌月の決済ができる後払いサービスです。クレジットカードの登録が必要なく、簡単に後払いサービスが使えるのが特徴です。

しかし、Paidyなどの後払いサービスは使い方を間違えると支払いができなかったり、未払いのまま滞納を続けてしまったりと非常に危険です。

また、滞納料金の支払いができないからと言って放置していると、銀行口座の差し押さえや警察沙汰などになる可能性もあります。今回はお金がなくてPaidyの料金が支払えない人のための対処法について説明するので、一刻も早く滞納料金を支払うようにしましょう。

Paidyの支払期限が過ぎていた!払わずに滞納したときに起こること

Paidyの支払いを滞納し続けてるとどんな事が起こるのでしょうか?滞納を続けた場合のデメリットについて説明していきます。

延滞料金が取られる

Paidyの支払いを滞納し続けていると延滞料金を取られます。

延滞料金は支払いを滞納し続けるほど増えていくシステムなので払えないからといって滞納を続けるほど損をします。

早めに支払いを終わらせて無駄なお金を取られないようにしましょう。

Paidyの利用限度額を下げられる

Paidyの支払いの滞納を続けていると利用できる限度額の上限を下げられてしまいます。

利用限度額が減ってしまうと、Paidyの便利な後払いサービスの恩恵が少なくなってしまいます。

最終的にはPaidyでの支払いはできなくなる

Paidyでの請求を未払いのまま滞納し続けていると、最終的にはPaidyでの信用情報に傷が付きブラックリスト入りします。そうなると、今後一切Paidyでの支払いはできなくなります。

また、後払いサービスはだいたいCICなどの信用情報機関に入っています。そのためこの信用情報に傷がつくとPaidyだけではなく、メルペイ後払いやNP後払いなどの多くの後払いサービスも使用できなくなる可能性が高いです。

また、後払いサービスだけではなく、クレジットカードやローンにも関わってくる可能性が高いです。

Paidyでの支払いを滞納するだけでこれだけ多くのサービスを今後一切しようできなくなる可能性があるのです。

自分の未来を不便にする前にPaidyで滞納をしている分の支払いを終わらせましょう。

訴訟をされて差し押さえが行われる

Paidyを滞納したまま放置し続けると、少額訴訟を起こされて銀行口座の差し押さえが行われる可能性があります。弁護士からの訴訟を起こすという内容の手紙が送られてきて、それを無視し続けると実際に少額訴訟を起こされ差し押さえが行われます。

銀行口座の差し押さえが行われる場合は、給料も差し押さえられます。その場合は会社にバレる可能性が高いです。Paidyを滞納して仕事を失うのはもったいないです。一刻も早く支払いを行うようにしましょう。

警察沙汰の可能性も?

後払いサービスは後からの支払いの意思を見せることで先に商品を受け取ることのできるサービスです。Paidyも同様です。

そのため、支払いの意思を示して商品を受け取るけど、意思は嘘で支払いをしていないと見なされます。そうすると詐欺罪に問われる可能性があります。

Paidyでの支払いを滞納しているだけで前科がつきます。確実に人生が不利になります。

Paidyの滞納料金が払えない!分割支払はできるの?

Paidyの分割払いは可能です。ただ条件があり、1回の支払いが1万5千円以上の買い物をしたときにのみ分割支払をすることが出来ます。

ただし、1回の支払いで1万5千円を超えないといけないので、1万円の買い物と5千円の買い物をした場合には分割支払をすることが出来ません。

Paidyでの分割払いは、Paidyのお客様ページの「My Paidy」から行うことが出来ます。

一応Paidyの分割払いは可能ですがかなり厳し目の条件があることだけは覚えておいてください。

Paidyを払えずに滞納し続けた時の催促の流れ

Paidyの支払い期限は請求書が届いてから10日間です。それ以降は滞納になります。

Paidyの滞納を始めてからどのような流れになるのかを説明していきます。

催促のメールや手紙が届く

支払い期限を過ぎてから1週間ほどで催促メールや手紙が届きます。催促メールを無視していると何回も催促メールが届きます。

1~2週間置きに催促メールは届きます。3~4回程度催促メールが届いても無視していると法的処理に入ります。だいたいPaidyの滞納の支払いの滞納を初めてから1ヶ月滞納から2ヶ月滞納できます。

法的処置の手紙が届く

催促メールを何回も無視していると弁護士に委託して法的処置をとるという内容の手紙が送られてきます。滞納し始めてから早くて2ヶ月、3ヶ月滞納でくることもあります。

ここまできても無視をし続けていると本当に法的処置をとられ、実際に銀行口座の差し押さえが行われます。

銀行口座の差し押さえが行われると、会社からの給与振込ができなくなります。そのため会社に差し押さえが行われていることがバレる可能性がとても高いです。そのなると会社からの信用も下がります。

そうなる前に支払いを終わらせるようにしましょう。

Paidyを支払わずに滞納料金を放置しておくのは危険

Paidyの請求書や催促を無視し続けて滞納を続けていると、差し押さえや警察沙汰になる可能性もあります。この場合はかなり面倒事に巻き込まれるし、人生に傷がつく可能性があります。

Paidyの支払いが行えないということで人生が不利になるのはもったいないです。今すぐに支払いを行うようにしましょう。