お金がないときに1度だけ使える裏ワザを使う!

分娩予約金が払えない時の対処法!出産予約金は分割できるの?

分娩予約金 払えない

「出産の前にお金を払わないといけないの。。。」
「分娩予約金が払えなくて出産のための入院が出来ない。。。」

出産をする前の入院で必要になってくるのが、分泌予約金(出産予約金)です。

分娩予約金を払えないと入院が断られてしまう場合もあります。出産の前にストレスや悩みを増やしすぎるのは身体にも赤ちゃんにもよくありません。

今回は出産前の分娩予約金が払えないときに使える医療制度と対処法について紹介していきます。

分娩予約金が払えない場合はどうなる?

分娩予約金は出産前に入院するときに支払いを行わないと行けない前金です。

この分娩予約金が支払いを行えないと入院を断られる可能性もあります。

分娩予約金の分割はできない

分娩予約金の分割払いは基本的にはできません。そのため、分娩予約金は出産の前金として一括で支払わないといけません。

しかし、どうしても分娩予約金の一括での支払いが厳しい場合には分割払いを一度病院に相談してみましょう。

また、病院によっては分娩予約金のクレジットカード払いが可能なところもあります。

クレジットカードで払える場合には、クレジットの分割払いが可能です。

注意点はクレジットカードの分割払いの支払いができなかった場合には信用情報に傷がついてクレジットカードが止められてしまうことです。

分娩予約金が払えないときに使える制度1 出産一時金

分娩予約金が払えないときに使える制度の一つに出産一時金があります。

出産一時金について説明します。

出産一時金は出産費用の負担を減らしてくれる健康保険制度

出産一時金は分娩予約金と出産にかかったお金を42万円補填してくれるという制度です。

分娩予約金が20万円で出産費用が40万円だった場合には出産一時金は42万円支給されるので、実質18万円が実質の出産費用になります。

分娩予約金が5万円で出産費用が30万円だった場合には出産一時金は42万円支給されます。つまり、7万円支給されることになります。

また、出産一時金の注意点は3点あります。

  • 健康保険に入っていないと使えない
  • 個室を取るための費用などには使えない
  • 出産一時金の申請方法は2種類ある

それぞれについて説明していきます。

健康保険に入っていないと使えない

出産一時金は健康保険制度の一部なので健康保険の料金を払っていないと使うことが出来ません。

また、夫婦で別の健康保険に入っている場合には妻が入っている健康保険に出産一時金の申請をしないといけません。

夫の健康保険に出産一時金の申請をしてもお金を受け取ることは出来ないので気をつけてください。

出産時の個室の費用には使えない

出産一時金は出産のための援助金です。出産の時に個室を使いたいなどの費用には使うことが出来ません。

分娩予約金と出産費用を合わせても42万円に満たないからといって、個室に変更してもその費用は援助されないので気をつけましょう。

出産一時金の申請方法には2種類ある

出産一時金の申請方法には2種類あります。

  • 直接支払制度
  • 受取代理制度

「直接支払制度」の場合は、病院が出産一時金の申請を行ってくれます。この場合は病院が出産一時金の申請を行ってくれるため、最初から出産一時金の42万円を差し引いたお金のみ払えばよいです。

しかし、分娩予約金と出産費用が合わせて42万円未満だった場合の差分の受け取りを行いたい場合には、自ら出産一時金の申請を行わなくてはいけません。

「受取代理制度」の場合は、分娩予約金や出産費用の支払いは最初に全て自費で行わなくてはいけません。そして、あとから出産一時金の受け取りを行うことが出来ます。

大きな病院などでは「直接支払制度」を導入していることがほとんどですが、小さな病院などでは「受取代理制度」しかない場合も多々あります。

出産の病院選びも慎重に行いましょう。

分娩予約金が払えないときに使える制度2 出産費貸付制度

分娩予約金や出産費用などが払えない場合に使える制度の一つに「出産費貸付制度」があります。

これは、出産一時金などが支給されるまでに無利子でお金を貸してくれる制度です。

注意点としては、出産一時金と同様に健康保険に加入していないと使うことが出来ません。

出産費貸付制度の使用できる人は以下の条件に当てはまる人です。

  • (1) 出産予定日まで1ヶ月以内の方。
  • (2) 妊娠4ヶ月(85日)以上の方で、病院・産院等に一時的な支払いを要する方。
    引用: 全国健康保険協会

出産一時金の受け取りまでの間に自費で建て替えをしないといけない場合には使ってみましょう。

分娩予約金がどうしても払えない時の対処法

分娩予約金は20万円したりとかなり高額です。

しかし、健康保険に加入していないと、今まで説明してきた「出産一時金」や「出産費貸付制度」などを使用することが出来ません。

分娩予約金が払えない場合の対処法について説明していきます。

分娩予約金の支払いが必要のない病院を探す

病院の中には分娩予約金の支払いが必要のないものも存在します。

どうしても分娩予約金の支払いができなさそうな場合には分娩予約金が必要のない病院を探すことをおすすめします。

親や友人にお金を借りる

お金を用意する方法の1つに、親や知人にお金を借りることがあります。この方法のメリットはすぐにお金を用意できる可能性が高いことです。

出産という一大イベントで大きく費用がかかります。どうしてもお金が厳しい場合には親に相談して見ることをおすすめします。

しかし、金の切れ目は縁の切れ目といいます。トラブルになる可能性が高いので気をつけましょう。

分娩予約金が払えない場合には健康保険制度を使おう!

分娩予約金を支払うためには「出産一時金」や「出産費貸付制度」などの健康保険制度が使えます。

積極的に健康保険制度を使ってお金の負担を減らしましょう。早めに心配をなくすことで赤ちゃんや自分への負担が減ります。

健康保険に加入していない場合には、「出産一時金」や「出産費貸付制度」は使うことができません。

分娩予約金などの費用面に心配があるならばカードローンを検討しましょう。お金の心配を減らすだけでもかなりストレスはなくなります。お腹の子を安心して生むためにも心配事はなくしておきましょう。