お金がないときに1度だけ使える裏ワザを使う!

税金を滞納し続けると銀行口座を差し押さえられる!すぐに支払えば取り戻せる!

税金 滞納 銀行口座 差し押さえ

「住民税や国民健康保険を滞納しているとどうなるの?」
「催促状や催告状が来てるけど大丈夫?」

給料が厳しく税金を滞納していると上のような疑問が浮かんできます。

少しでもお金を稼いでいると毎月支払わなければならない税金。給料が厳しくてなかなか税金を支払えず滞納してしまっている人も多いと思います。

しかし、税金は滞納していても国がどうにかしてくれるだろうと軽く考えていると危険です。税金を滞納し続けると最終的には銀行口座の差し押さえが行われます。

差し押さえが行われる前のやるべきことと、銀行口座を実際に差し押さえられてしまった場合の対象方法について説明します。

税金を滞納して銀行口座が差し押さえられるまで

所得税と違って、住民税や国民健康保険などの税金はアルバイトやパートの場合は自動で天引きされない場合もあります。その場合は、給料が少ないと生活が厳しく税金を滞納してしまう場合もあります。税金を滞納し続けると最終的には銀行口座の差し押さえが行われてしまいます。

納期限までに保険料が完納されない場合、督促状を送付します。また、電話催告センターからの電話や文書による催告を行います。
なお、平成30年度保険料(平成30年度相当分)より、納付が遅れると延滞金が加算されます。
保険証の有効期限が短い「短期被保険者証」になったり、10割(医療費全額)を自己負担してから償還払いとなる「資格証明書」になることがあります。
やむを得ず財産を差押える場合もあります。

引用: 世田谷区役所

銀行口座の差し押さえが起きるまでどんな通知があるのかを説明します。

催促状や催告状が送られてくる

住民税や国民健康保険などの税金を滞納し続けるとまず催促状が送られてきます。だいたい6ヶ月くらい税金を未納にしていると送られてきます。

そこから、催促状は送られ続けても税金の滞納を続けていると催告状が送られてきて、最終的には特別催告状というものが送られてきます。

この特別催告状がきても税金を滞納し続けると、「差し押さえの予告通知書」が送られてきます。差し押さえの予告通知書には支払い期限が書いてあります。この支払い期限までに税金の納付を行わないと銀行講座の差し押さえが行われます。

実際に銀行口座の差し押さえが行われると、キャッシュカードを使ってのATMでのお金の引き出しができなくなります。また、通帳で記帳を行うと「サシオサエ」と書かれていて、残高は0円になっています。こうして、税金の滞納を続けていると銀行口座の差し押さえが行われてしまいます。

税金を滞納していて銀行口座が差し押さえられる前にやるべきこと

役所から「催告状」や「差し押さえの予告通知書」が送られてきた場合にまず最初にやるべきこととしては、役所への連絡です。

役所への相談で滞納している税金の減免や分割払いも可能に

催告状や差し押さえの予告通知書が送られてきた役所の納税課に連絡するようにしましょう。役所に相談することで、住民税や国民健康保険の減免が行われる可能性があります。

市区町村によって減額方法・減額割合は異なりますが、一般的には前年の世帯所得の水準と世帯内の加入者数(世帯主を除く)によって減額割合が7割・5割・2割という段階で軽減されます。例えば、前年の世帯所得が80万円で、加入者数が2名の場合は、保険料の中の均等割額(加入者数によってかかる額)が5割軽減されるといった感じです。もっと詳しく知りたい方は住まいの市区町村役場をおたずね下さい。

引用: 国民健康保険

このように、所得が一定以下の場合は、支払わなくてはいけない税金が少なくなる可能性もあります。これは現在滞納している税金も減らすこともできます。

また、現在滞納している税金がかなり溜まっている場合には分割での支払いも可能な場合もあります。

滞納している税金を減らしてもらったり、分割での支払いをするためには役所への相談が必須です。「差し押さえの予告通知書」が送られてきたら、お金がないからと言って無視をするのではなく、必ず役所への相談をしに行くようにしましょう。

分割や減免しても支払いは行わなくてはいけない

住民税や国民健康保険などの税金を役所に相談して、分割や減免してもらっても滞納した税金は多かれ少なかれ支払いを行わなくてはいけません。分割や減免をしてもらっても、滞納していた分の税金とこれから払わないといけない税金の両方を支払い続けなくてはいけません。

税金は毎年上がり続けたりと負担は続けるし、催告状や差し押さえの予告通知書は赤文字で書かれていてかなり精神的にもきついと思います。

滞納している税金を一括払いすることで、これから支払わないといけない税金の支払いに集中できて、もう一度税金を滞納してしまうことが少なくなります。

一括支払いにはカードローンがおすすめです。カードローンの中には一定期間無利息のものもあり、給料日に一括返済してしまえば実質利息なしでお金を借りることができます。税金の支払いや、差し押さえの恐怖から精神をすり減らすよりも、カードローンで一括返済することをおすすめします。

税金を滞納し続けて銀行口座が差し押さえられた時の解決法

銀行口座を差し押さえられてしまった場合は、滞納している税金の返済が全て終わるまで、銀行口座の差し押さえは終わりません。

また、差し押さえ中も銀行口座自体は使えるのですが、差し押さえられている銀行口座に入金されても、お金は全て差し押さえられてしまいます。

とにかく滞納している税金を全て支払い終えないと、銀行口座の差し押さえは終わりません。この場合もすぐに役所への相談をしましょう。

滞納した税金を一括返済する方法

銀行口座の差し押さえをなくすためには滞納している税金を全て一括返済する必要があります。とは言っても今まで滞納してきた税金を一括返済するのはかなり厳しいと思います。

カードローンを使って一括返済することがおすすめです。カードローンは一定期間無利息で借りられるものもあり、即日融資も可能です。銀行口座の差し押さえを一刻も早く無くしたいと思います。そんな方はカードローンを使いましょう。

税金を滞納して銀行口座を差し押さえられそうになったらすぐに役所に相談

税金を滞納し続け銀行口座の差し押さえ直前まで来たらすぐに役所にいくのがおすすめです。役所へ相談で滞納している税金が減ったり、分割払いを可能にします。

早めに対応することで差し押さえや、延滞料金の支払いを行わなくてよく無くなります。もし税金の滞納を行なっている場合は今すぐ役所に連絡しましょう。しして、役所に従って適切に滞納している税金の支払いを行うようにしましょう。