お金がないときに1度だけ使える裏ワザを使う!

税金が高い!高くて払えないからと滞納していると差し押さえも!?

税金 高い 払えない 滞納

「税金が高過ぎて払えない。。。」

毎月家計を圧迫するものの一つとして税金があります。かなり高いですよね。しかし、税金が高過ぎて払えないからといって滞納し続けていると危険です。

税金を滞納し続けた場合に起こることと、税金を滞納してしまっている場合の対処法について説明していきます。

税金が高くて払えないから放置しているとどうなる?

所得税や住民税、年金、健康保険は日本にいる限り国民の義務として毎月の支払いを行わなくてはなりません。しかし、毎月支払うとなるとかなり家計を圧迫してきます。だからといって税金を支払わずに滞納し続けていると最終的には差し押さえを行われてしまいます。

差し押さえが行われるまでには、

  1. 役所から催促状が送られてくる
  2. 何回も催促状が来ているけど無視して支払わない
  3. 差し押さえが行われる

このような手順で差し押さえが行われます。

催促状が送られてくる

税金の支払いをせずに滞納し続けていると催促状が何回も届きます。

Twitterでもかなり多くの税金の催促状が来たという人たちがいました。

催促状を無視し続けていると差し押さえ予告の手紙が届きます。

この差し押さえの予告も無視し続けると実際に差し押さえが行われます。

差し押さえが行われる

催促状や差し押さえの予告を無視し続けると実際に差し押さえが行われます。差し押さえが行われるものは、銀行口座や給与、不動産などあらゆるものが差し押さえの対象になります。

給与の差し押さえが行われる場合には、会社に税金を滞納していて差し押さえが行われていることがバレてしまいます。

会社に税金の滞納がバレてしまうと、会社内での関係がこじれたりする可能性もあるので税金は催促状が来たら早めには返済するようにしましょう。

税金が高くて払えないからと言って滞納していると延滞税を支払わないといけなくなる

税金を支払わずに滞納していたけど、催促状が何回も来るから支払おうとなった時に注意点があります。

税金を滞納し続けた期間だけ延滞税を上乗せして料金の支払いを行わなくてはいけません。返済する意思があったとしても後回しにすればするほど支払いを行わないといけない税金の金額は大きくなっていきます。

損をしたくない人は早めに税金の支払いを全て終わらすことが、一番安く税金の支払いを終わらせる近道です。

税金の滞納をし続けた時にかかる延滞税の計算の仕方については国税庁の公式サイトを見ましょう。

参考> 国税庁

 

税金が高くて払えない場合の対処法

毎月支払わないといけない税金が高くて支払うことができない場合にやるべきことについて説明します。

役所へ相談する

まずは役所へ税金の支払いを今すぐに行えないことを相談することが大事です。役所への相談をすることによって今すぐに差し押さえがされることをなくすことができます。

また、減税や減免、一回の支払いを少なくする分納などの税金の支払いを軽くできる可能性もあります。

  1. 生活保護法による扶助を受けた場合
  2. 働くことが困難な事情があり、かつ他に収入、財産がない場合 
  3. 災害(火災、風水害等)にあった場合で一定以上損害を受けた場合
参考: 世田谷区役所

世田谷区の場合では上のような人は税金の減税や免除を行うことが可能です。自分がその対象になっているかがわからない方はとにかく自分の住んでいるところの役所に行き相談をするようにしましょう。

カードローンを使用する

税金の減税や分納ができたとしても、これからの税金の支払いや滞納分の税金は支払いを行わなくてはいけません。また、税金を滞納し続けることで延滞税が発生し結果的に支払わなくてはいけない税金の金額は増えてしまいます。

そうなる前にカードローンを使用して、一括で税金の滞納分の支払いを行ってしまうのがおすすめです。

延滞料金がかかってしまう前にカードローンで一括の返済を行ってしまいましょう。

税金が高くて支払えずに滞納し続けると差し押さえが行われる

毎月の税金の支払いはかなり大変で家計を圧迫することが多いです。しかし、国民の義務である税金の支払いを無視し続け滞納していると最終的には差し押さえが行われてしまいます。

給与の差押えが行われると会社に税金の滞納がバレたりと社会的に大変になります。そうなる前に税金の支払いを済ませてしまいましょう。